カードローン 審査

カードローンの審査

“カードローンの審査基準や豆知識について詳しくまとめています。
カードローンは手軽に利用できる現金を借りる手段として人気があります。しかし、カードローンの審査はとても厳しいと勘違いしている方が多いようです。
カードローンの審査は貸すための審査とも言えますので、ポイントを守れば誰でも利用することができると考えてもよいです。ポイントは借入希望額の設定です。総量規制という法的な制限があるので所得の3分の1を超える現金は借りられないと考えてよいです。
消費者金向けの制限ですが、金融機関でも担保をつけるような融資でなければほぼ法的制限を順守していると考えてよいです。そのため、借入希望額は所得を踏まえて決めることが必要です。
また、他のローンも利用している場合にも所得の3分の1を超えないようにする必要があり、審査で通っても他のローンも合わせて所得の3分の1を超えないように自動で制限されると考えておくと良いです。


定番のキャッシング会社

モビット
審査が甘いカードローン
年利:4.8%~18.0% 限度額:1万円~500万円  
即日融資:14:50までの振込手続完了で当日振込可(審査結果により不可の場合有)

カードローン モビット

プロミス
プロミス 審査
年利:4.5%~17.8% 限度額:1万円~500万円  
即日融資:平日14:00時までにWEB契約完了で当日振込
*14時過ぎても、ネットで申し込んで審査通過後、自動契約機から借りられます。

プロミス カードローン審査

アイフル
アイフル 審査
年利:4.7%~18.0% 限度額:1万円~500万円  
即日融資:平日14:00時まで

アイフル カードローン審査

カードローンの審査基準とは

カードローン 審査基準
消費者金融のキャッシングやクレジットカードと比較して、銀行で扱われる事の多いカードローンは契約時における審査の基準が厳しい傾向となっています。
一般的にはまとまった収入源や経済能力の有無がカードローンでは重要な審査基準の1つとされていて、数年間の間安定した職についているかがポイントとなります。
ただし、主婦の場合は本人に収入が無くても、配偶者の経済能力次第でカードローンの審査に通る可能性が十分考えられます。
また、既に別の金融機関から借り入れを行っている状況では、年収の3分の1を超えた金額が借りられないだけでなく、多重債務状態と判断されて審査に通りにくくなる事もあるので、予め返済を済ませておいた方が有利になると言えます。
過去の借り入れにおいて滞納などの金銭的事故を引き起こしている場合、個人信用情報に履歴が残ってしまう事からカードローンの契約がほぼ不可能となってしまう点には注意して、計画的な返済を心がけるのも大切です。

カードローン審査難易度と金利

カードローン審査 難易度
カードローン審査難易度と金利の関係
カードローンもキャッシング同様に審査が有るのは当然ですが、審査の難易度と金利は反比例の関係が有ります。銀行は一般的にカードローンでも金利の低い所が多いですが、逆に銀行の場合は社会的信用も審査基準に入りますので、消費者金融と比較してもかなり厳しくなります。
対して消費者金融のカードローンでも大手はある程度厳しいですが、小規模のクレジット会社や消費者金融のカードローンの場合は保証人が立てられれば比較的難易度が低い会社も多い反面金利は銀行や大手と比較してもかなり高くなる事は少なくありません。
審査が甘く利息も安い金融機関が有れば一番いいのですが、会社の利益や社会的信用の面から考えても両方は無理ですので、お金が必要な場合は難易度の高い銀行でも融資を受けられる様に金銭面の状態はクリーンな状態にしておく事がカードローンを申し込むときに返済金も少なく抑える事も出来ますし、銀行などに対しても信用を作る事も可能になります。

カードローン審査 通らない理由
カードローンの審査が通らない理由
カードローンでどうしても審査に通らないという人もいるかもしれません。
その理由はどこにあるのでしょうか?
一つは、銀行のカードローンに申込みを行っているからかもしれません。
銀行の場合は、消費者金融など他の金融業者と比べて審査基準が高いので、少しでも属性が低いとすぐに落とされてしまうことがあります。
属性において全体的に自信がない人は、銀行ではなく消費者金融系のカードローンがお勧めです。
ただし、消費者金融系でも通らないということがあるかもしれません。
そのような場合は、チェック項目について致命的な部分で属性が欠落しているのかもしれません。
すなわち、現在の収入、他者借入件数、過去の金融事故情報、こうした点が最も重要な項目となりますが、これらのうちのいずれかで基準を満たさない、あるいは全てで基準を満たさないなら、審査には通過できません。
したがってこのような方は、まず自らの属性を高めることから始めなければなりません。
安定した収入が得られる仕事に就き、なおかつ他社からの借入をなくすことが必要です。
こうして属性を高めた後で、再度申込みを行うことができるでしょう。

カードローン審査 在籍確認
カードローンの審査のために行われる在籍確認
銀行や消費者金融で利用できるカードローンなどのキャッシングでは、現金での借り入れをおこなうことが出来ます。唐突にお金が必要になったが手持ちがないといった場合にカードローンは大変重宝されるサービスです。
借り入れできる金額も数万円から数百万円以上までと大変幅広いですので、ちょっとした買い物から月々の支払いのためなど、いろいろな用途で利用できます。
カードローンなどのキャッシングを利用するためには最初に審査を受けることが一般的です。業者側にとってはお金を貸すわけですから、貸し付ける相手への信用を大事にします。ですので、職に就いていなかったり、財産を所有していなかったりすると借り入れが難しいかもしれません。かといって職に就いていないのに就いているというような嘘をつくことは止めておきましょう。
申告した職場への在籍確認をおこなわれる可能性もあります。
なかなか審査に通らない場合は、在籍確認をおこなわないなどの、審査基準の緩い業者を探すことから始めてみましょう。

カードローン審査 年齢制限
カードローンの審査の年齢制限
カードローンの契約を結ぼうとする際には記入機関側が示している条件を満たしている必要があります。その中でも何とも調整が難しいのが年齢の条件であり、金融機関ごとに若干の違いがあるものの、この基準から外れているということはそのまま審査の対象とはならないという事実を意味することになります。
カードローン契約のための審査対象となるのは一般的に20歳以上です。未成年の場合には保証会社が保証を行いませんので契約を組むことが難しいのが一般的です。逆に年齢が高いのも契約の対象から外れることになります。カードローンのサービス対象年齢としてはおよそ65歳までが年齢の上限とされており、それ以上の場合には契約ができないと言うところが殆どです。これは年金収入が中心となり、資金的な余裕がどんどんなくなり増えることが無いという高齢者の特徴によるものです。そのためカードローンというサービスは現役世代のためのローンの仕組みであると理解するのが良いでしょう。