カードローン 審査

カードローンの審査

カードローンの審査基準や豆知識について詳しくまとめています。
カードローンは手軽に利用できる現金を借りる手段として人気があります。しかし、カードローンの審査はとても厳しいと勘違いしている方が多いようです。
カードローンの審査は貸すための審査とも言えますので、ポイントを守れば誰でも利用することができると考えてもよいです。ポイントは借入希望額の設定です。総量規制という法的な制限があるので所得の3分の1を超える現金は借りられないと考えてよいです。
消費者金向けの制限ですが、金融機関でも担保をつけるような融資でなければほぼ法的制限を順守していると考えてよいです。そのため、借入希望額は所得を踏まえて決めることが必要です。
また、他のローンも利用している場合にも所得の3分の1を超えないようにする必要があり、審査で通っても他のローンも合わせて所得の3分の1を超えないように自動で制限されると考えておくと良いです。

カードローンの審査基準とは

カードローン 審査基準
消費者金融のキャッシングやクレジットカードと比較して、銀行で扱われる事の多いカードローンは契約時における審査の基準が厳しい傾向となっています。
一般的にはまとまった収入源や経済能力の有無がカードローンでは重要な審査基準の1つとされていて、数年間の間安定した職についているかがポイントとなります。
ただし、主婦の場合は本人に収入が無くても、配偶者の経済能力次第でカードローンの審査に通る可能性が十分考えられます。
また、既に別の金融機関から借り入れを行っている状況では、年収の3分の1を超えた金額が借りられないだけでなく、多重債務状態と判断されて審査に通りにくくなる事もあるので、予め返済を済ませておいた方が有利になると言えます。
過去の借り入れにおいて滞納などの金銭的事故を引き起こしている場合、個人信用情報に履歴が残ってしまう事からカードローンの契約がほぼ不可能となってしまう点には注意して、計画的な返済を心がけるのも大切です。
1回でいいんじゃない?仮審査と本審査で何を見る?

1回でいいんじゃない?仮審査と本審査で何を見る?
カードローンの審査と一口にいっても、その方法な単純ではありません。
かといって複雑でもありませんが、仮審査と本審査の2段階方式になっていますので、その仕組みについて理解しておかなければなりません。
カードローン審査の流れとしては、初めに仮審査が行われ、そのあとで本審査が行われます。
どちらも通過しますと、利用開始の許可が下ります。
では、それぞれの特徴について見ておきましょう。
まず仮審査ですが、これは文字通り、仮の審査ということができます。
チェックは機械的な仕方で行われるのが特徴で、人間の手で直接調査が行われるわけではありません。
この仮審査の段階ではよほどのことがない限り通過できるといっていいでしょう。
一方本審査ですが、こちらは仮の審査とは違って、文字通り本格的であり、人の手によって直接的に調査が行われます。
ジャッジがより厳しくなるため、ここで落とされる人は決して少なくありません。
カードローンには、こうした2段階のチェックがあることを覚えておきましょう。

カードローン審査難易度と金利

カードローン審査 難易度
カードローン審査難易度と金利の関係
カードローンもキャッシング同様に審査が有るのは当然ですが、審査の難易度と金利は反比例の関係が有ります。銀行は一般的にカードローンでも金利の低い所が多いですが、逆に銀行の場合は社会的信用も審査基準に入りますので、消費者金融と比較してもかなり厳しくなります。
対して消費者金融のカードローンでも大手はある程度厳しいですが、小規模のクレジット会社や消費者金融のカードローンの場合は保証人が立てられれば比較的難易度が低い会社も多い反面金利は銀行や大手と比較してもかなり高くなる事は少なくありません。
審査が甘く利息も安い金融機関が有れば一番いいのですが、会社の利益や社会的信用の面から考えても両方は無理ですので、お金が必要な場合は難易度の高い銀行でも融資を受けられる様に金銭面の状態はクリーンな状態にしておく事がカードローンを申し込むときに返済金も少なく抑える事も出来ますし、銀行などに対しても信用を作る事も可能になります。
カードローン審査 通らない理由
カードローンの審査が通らない理由
カードローンでどうしても審査に通らないという人もいるかもしれません。
その理由はどこにあるのでしょうか?
一つは、銀行のカードローンに申込みを行っているからかもしれません。
銀行の場合は、消費者金融など他の金融業者と比べて審査基準が高いので、少しでも属性が低いとすぐに落とされてしまうことがあります。
属性において全体的に自信がない人は、銀行ではなく消費者金融系のカードローンがお勧めです。
ただし、消費者金融系でも通らないということがあるかもしれません。
そのような場合は、チェック項目について致命的な部分で属性が欠落しているのかもしれません。
すなわち、現在の収入、他者借入件数、過去の金融事故情報、こうした点が最も重要な項目となりますが、これらのうちのいずれかで基準を満たさない、あるいは全てで基準を満たさないなら、審査には通過できません。
したがってこのような方は、まず自らの属性を高めることから始めなければなりません。
安定した収入が得られる仕事に就き、なおかつ他社からの借入をなくすことが必要です。
こうして属性を高めた後で、再度申込みを行うことができるでしょう。
テレビでは簡単に見えるけど、審査の甘いカードローンは存在する?

テレビでは簡単に見えるけど、審査の甘いカードローンは存在する?
カードローンの利用を考えた時に不安になることの一つが審査に通るかどうかということではないでしょうか。
そのため、出来るだけ審査の甘いカードローンを探そうとする方も少なくはないでしょう。しかし、実際にそのようなカードローンというのは存在するのでしょうか。
結論から言えば、そのようなカードローンは存在します。それも悪質な業者ではなく、よくテレビCMなど広告で見かけるような大手の業者ほど甘い傾向にあるといえます。
なぜなら、よく広告で見かけるということは、その業者がそれだけ新規の顧客を欲しがっているということに他なりません。つまり、新規の顧客をつかむために多少審査を甘くしてもよいと考えている業者が多いのです。
ただ審査が甘いからといって、契約後にいくらでも借入が出来るようになるわけではないので注意が必要です。当たり前のことですが、サービスに申し込んだ人の返済能力などを考慮して最高限度額は決められるのです。

カードローン審査 在籍確認

カードローンの審査のために行われる在籍確認
銀行や消費者金融で利用できるカードローンなどのキャッシングでは、現金での借り入れをおこなうことが出来ます。唐突にお金が必要になったが手持ちがないといった場合にカードローンは大変重宝されるサービスです。
借り入れできる金額も数万円から数百万円以上までと大変幅広いですので、ちょっとした買い物から月々の支払いのためなど、いろいろな用途で利用できます。
カードローンなどのキャッシングを利用するためには最初に審査を受けることが一般的です。業者側にとってはお金を貸すわけですから、貸し付ける相手への信用を大事にします。ですので、職に就いていなかったり、財産を所有していなかったりすると借り入れが難しいかもしれません。かといって職に就いていないのに就いているというような嘘をつくことは止めておきましょう。
申告した職場への在籍確認をおこなわれる可能性もあります。
なかなか審査に通らない場合は、在籍確認をおこなわないなどの、審査基準の緩い業者を探すことから始めてみましょう。

在籍確認がないカードローンってあるの?
在籍確認がないカードローンってあるの?
カードローン利用の審査の際、通常は必要である在籍確認ですが、職場に確認の電話なしに済むカードローン会社は少なくないのです。まずは事前に申し込みを考えている会社に電話して、職場への電話確認以外で在籍の確認が可能かを聞きます。次に、申込書を取り寄せたら、キャッシング申込書に必ずある「必要事項」の欄に、「職場への電話確認以外で在籍確認を希望」と記入しましょう。
 では、なぜ審査をする上で在籍確認が不要なのでしょうか。カードローン会社とすれば、申込者が申込内容通りの職場に務めているかどうかが確認できればいいのです。ですから、職場に電話をしなくても確認できる手段があればよいことになります。無論、通常の本人確認をしない代わりに提出を求められるものがあります。
 在籍確認の代わりに必要な書類は多くの場合、次のようなものです。運転免許証かパスポート、社会保険証、国民健康保険証、先月、先々月の給料明細と源泉徴収票などです。面倒に思うかもしれませんが、この程度の手間は惜しまないようにしましょう。

カードローン審査 年齢制限

カードローンの審査の年齢制限
カードローンの契約を結ぼうとする際には記入機関側が示している条件を満たしている必要があります。その中でも何とも調整が難しいのが年齢の条件であり、金融機関ごとに若干の違いがあるものの、この基準から外れているということはそのまま審査の対象とはならないという事実を意味することになります。
カードローン契約のための審査対象となるのは一般的に20歳以上です。未成年の場合には保証会社が保証を行いませんので契約を組むことが難しいのが一般的です。逆に年齢が高いのも契約の対象から外れることになります。カードローンのサービス対象年齢としてはおよそ65歳までが年齢の上限とされており、それ以上の場合には契約ができないと言うところが殆どです。これは年金収入が中心となり、資金的な余裕がどんどんなくなり増えることが無いという高齢者の特徴によるものです。そのためカードローンというサービスは現役世代のためのローンの仕組みであると理解するのが良いでしょう。

主婦の即日借入豆知識

主婦の即日借入豆知識:総量規制とは
即日借入をしたい主婦にとって知っておきたいことの一つに総量規制があります。
総量規制は、貸金業法で定められたものであり、契約者の総収入の三分の一までしか融資を行ってはいけないということです。
借り過ぎを防ぐ為の措置であり、主婦などが安心して即日借入が出来る仕組みになっています。
一方で、収入を超えて、お金を借りていた人々は今までのように収入を超えてお金を借りることが出来なくなりました。
主婦が即日借入を実施しているキャッシングを利用するには、収入の額にも気をつけておく必要があるのです。
収入の額によって、限度額が決定しますので、数百万円などの借入をしたい場合には、相応の収入が必要になってきます。
お金を借りる際には、計画的にお金を使っていくことを意識しておくことが大事であり、期日前返済や一括返済などを活用して短期間で返済を行っていくと、返済総額を抑えることが出来ます。
貸金業法によって、限度額が制限されていますので、消費者金融会社などで融資を受ける際には注意しておくと良いでしょう。

キャッシングの素朴な疑問

住宅ローンがたくさんあるけどお金借りられるの?

住宅ローンがたくさんあるけどお金借りられるの?
「ローン」には様々なものがありますが、代表的なものとしては消費者金融などの「カードローン」と、家を建てる時に組む「住宅ローン」の2つが挙げられます。この2つのローンの審査の違いについてご説明します。まず、消費者金融などのカードローンの場合、パートやアルバイトなど正社員以外の人でも申し込むことが出来ます。また、カードローンは審査が比較的甘く、正社員以外の人でも毎月一定の収入があれば、信用情報に問題がない限り申し込んだ当日にカードを発行してもらってお金を借りることが出来ます。一方で、住宅ローンの場合は借りる金額が高額のため、カードローンに比べ審査が厳しくなります。信用情報はもちろん、雇用形態や年収、勤務先や勤務年数、健康状態など、様々な項目を総合的に判断した上で審査結果が出されます。また、クレジットカードのリボ払いなどの別のローンがある場合、借入金額に影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要です。住宅ローンの場合、金融機関によってどの項目を重視するかが異なるため、いくつかの銀行を当たってみることをおすすめします。

増枠を希望しているけど審査が必要?

増枠を希望しているけど審査が必要?
カードローンは、銀行などの金融機関が法人ではなく、個人向けに融資を行なう融資サービスです。
カードローンを利用するには審査がありますが、増枠を行なう場合にも審査を受ける必要があります。
増枠を行なうことで、カードローンで多額のお金を借りることができ、他社で新規契約を行なう必要が無いというメリットがあります。
カードローンで融資を受ける際にATMを使用しますが、普通預金口座用のキャッシュカードかローン専用カードが必要になります。
カードローンの審査は、返済能力があるかどうかを調べたりしますが、増枠での審査も銀行が契約者に返済能力があるかどうかを見ているのです。
収入が安定していれば、銀行も増枠をしてくれる確率が高まります。
また、過去の借入金などを参考にして融資を行なうかどうかが決まってきます。
その為、全く借金をしたことが無い人が落ちてしまうことがありますが、これは信用機関に過去の借入金の履歴が無いからです。

奨学金の延滞を過去にした場合 お金借りられる?ブラック?

奨学金の延滞を過去にした場合 お金借りられる?ブラック?
かつての奨学金というのは学生の学ぶという気持ちを大切にした仕組みとして信頼で成り立っていた側面がありました。
そのため借入金の中でも利息が付かない種類があるなど特別な存在でした。しかし現代では返済不履行など悪質なケースも多く、奨学金制度の維持のためにも、現在では奨学金は借入金としてその額や返済状況が金融機関などの検索可能な対象情報となりました。
そのためカードローンの審査の時などに返済の延滞がある場合には支障をきたす可能性が大です。お金を借りているという事実は特に問題とはなりませんが、返済が滞っている、あるいはそのような事実があるということについてはカードローンの契約時にも重大な審議事項となるでしょう。カードローンの審査は金融機関側の物と保証会社の物があります。保証人を務めることになる保証会社は信用調査として奨学金の返済情報を知り得る立場にありますので延滞をしているという事実があればマイナス要因にしかなりません。